子育て・育児

赤ちゃんに麦茶をあげていいのはいつから?作り方は?保存方法、注意点は?

ベビー用品やドラッグストアへ行くと、赤ちゃん用のお茶が売られていますよね。
赤ちゃんにお茶を飲ませるのはどのタイミングなのか、大人用のお茶はダメなのかと
わからず、迷っているママも多いのではないでしょうか。
今回は赤ちゃんのお茶について、いつから飲めるのか、お茶を飲むときの注意点、
おすすめの赤ちゃん用のお茶をご紹介します。

赤ちゃんにお茶はいつから与えるの?

離乳食が始まる生後5~6ヶ月までは基本的に母乳やミルクから栄養補給や水分補給を
行うため、母乳やミルク以外の飲み物は必要ないといわれています。
授乳がしっかりできていれば、わざわざ水分を足して補給する必要はありません。
また、大人用のお茶は味が濃いため、赤ちゃんが拒否することも多いです。

離乳食を摂取する頃に少しずつ味に慣れていけるようにしましょう。
離乳食を摂取するようになると、自然と喉が乾くので、食後にお茶や水を飲ませる
習慣をつけて行くこともおすすめします。

赤ちゃんに与えるお茶の種類は?

赤ちゃんが飲むお茶で1番適しているものは麦茶です。
麦茶は、カフェイン成分が含まれておらず、体温調節を促す成分が含まれております。

赤ちゃんに与えるお茶は必ず煮出して、白湯で薄めたものを与えることをおすすめします。
水出しで作った麦茶は雑菌が湧きやすく、水道水に含まれるカルキは胃腸が未発達の
赤ちゃんにとって負担になってしまいます。

必ず、煮出ししたものか、粉末タイプのものを白湯でとき、赤ちゃんに与えるようにしましょう。

赤ちゃんにお茶を飲ませる量はどれくらい?

赤ちゃんにお茶を飲ませる量に決まりはありませんが、はじめはスプーンひとさじから始める事をおすすめします。
母乳やミルクに慣れている赤ちゃんが初めてお茶を飲むと、味や舌触りにびっくりして吐き出すことがあります。
少しずつ味に慣れてきたら、スパウトやストローで水分補給していきましょう。
慣れてくると、飲む量も少しずつ増えてくるでしょう。